メニューへ 本文へ
Go Top

韓半島

北韓が韓国大統領選候補を非難 統一部「南北関係の発展に役立たない」

Write: 2021-11-24 01:28:35Update: 2021-11-24 10:40:36

統一部は23日、北韓の宣伝メディアが韓国大統領選挙の与野党候補者を不躾に非難したことについて、「相互尊重と内政問題への不干渉を約束した南北合意の趣旨に反する言動は南北関係の発展に役立たない」と批判しました。
北韓の対外宣伝メディア「メアリ」は22日、ホームページに、韓国の与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)氏のことを「腐りきった酒」と揶揄したほか、最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソギョル)氏を「熟成が足りない酒」、野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)氏を「むやみに混ぜた酒」とするなど、大統領選挙の各党候補者を「酒」に例えて、けなす文章を掲載しました。
これについて、与党「共に民主党」は 「一線を越える暴言だ」として遺憾の意を示しています。
韓国と北韓は、1991年の南北基本合意書などで、相互尊重と内政不干渉などを約束しています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >