メニューへ 本文へ
Go Top

政治

尹大統領 6人の閣僚交代 来年4月の総選挙見据え

Write: 2023-12-05 11:05:56Update: 2023-12-05 11:32:35

尹大統領 6人の閣僚交代 来年4月の総選挙見据え

Photo : YONHAP News

尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は、企画財政部長官など閣僚6人を交代させる人事を発表しました。来年4月の総選挙で、与党「国民の力」から出馬するための準備とみられています。 

韓国では、現職の閣僚が総選挙に出馬する場合、投票日の90日前までに、閣僚の職を辞することが法律で定められています。
 
大統領室は4日、企画財政部、国家報勲部、農林畜産食品部、国土交通部、海洋水産部、中小ベンチャー企業部の長官人事を発表しました。
 
秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副総理兼企画財政部長官や元喜龍(ウォン・ヒリョン)国土交通部長官など、今回、交代となった6人は、いずれも来年4月の総選挙に立候補する可能性が高いと予想されています。
 
また、尹大統領がオランダ訪問に向けて出国する来週月曜日までに、外交部など、追加で内閣改造が発表されるものとみられています。

現職の朴振(パク・チン)外交部長官をめぐっては、万博誘致失敗の責任論が浮上しています。
 
一方、総選挙に立候補することが有力視されている韓東勲(ハン・ドンフン)法務部長官は、投票日の90日前に近づいたタイミング、すなわち、ことしの末か来年初めに交代が発表されるという見方が出ています。

また、今回の内閣改造に合わせて、大統領の直属の機関でも、新しいトップが任命される予定です。

内部のあつれきにより組織運営がうまく機能していないとされていた国家情報院は、先週、院長が、事実上、更迭されたほか、野党が弾劾を求めていた放送通信委員長は、弾劾訴追を前に先週、辞任しています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >