メニューへ 本文へ

社会

北の家族と過ごせるよう努力  文大統領があいさつ

Write: 2020-01-24 11:44:24

北の家族と過ごせるよう努力  文大統領があいさつ

Photo : YONHAP News

旧正月のソルナルを迎え、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「北の故郷を後にした方々が、家族と一緒に過ごせるよう取り組みます」というビデオレターのあいさつを、前日の23日に発表しました。
文大統領は、この新年のあいさつの中で、「ソルナルを迎えると、北に残した家族への恋しさがさらに募る方々がいらっしゃる」と述べ、個別観光を含めた南北交流事業に拍車をかけなければならないとする意思を反映させたものとみられています。
統一部は▲離散家族や社会団体の金剛山や開城への訪問▲第3国経由の北韓訪問▲外国人の南北連携観光の3種類の個別観光を検討しています。
また文大統領は、「今年は国民全員が確実な変化を体験し、希望を育てることができるようさらに努力します」と約束するとともに、「韓国は小さいが強い国だ。これまでも困難も乗り越えいろいろな分野で世界をリードするレベルにまで発展した。私たちの早い成長やダイナミックさ、高い市民意識や韓流文化に対して世界が驚き、感心している」と述べました。
文大統領は最後に、「安心で安全な旧正月を送れるよう、黙々と自分の職場を守っている方々の苦労も忘れない」と、ソルナルを支えている人々をたたえました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >