メニューへ 本文へ

社会

海外派遣の米軍兵士 出国前にウイルス検査を義務付け

Write: 2020-08-12 09:44:28Update: 2020-08-12 19:16:07

海外派遣の米軍兵士 出国前にウイルス検査を義務付け

Photo : YONHAP News

韓国駐留アメリカ軍の兵士が韓国に入国した後、新型コロナウイルスに感染したことが確認されるケースが相次いでいますが、今後、海外に派遣されるアメリカ軍兵士は、アメリカを発つ前に、ウイルス検査を受けることが義務付けられます。
アメリカのメディアによりますと、アメリカ陸軍は、今月21日から、兵士や兵士の家族が海外に派遣される際は、出国2週間前に、自宅隔離されるほか、出国72時間前には、ウイルス検査を受けることが義務付けられます。これまで、アメリカ軍では、海外出国前に、ウイルス検査は行わず、発熱などの症状の有無のみ確認していたということです。
今回の変更によって、韓国駐留アメリカ軍の兵士は、アメリカ出国前に2週間、韓国入国後2週間と、合わせて4週間自宅隔離することになります。
最近、アメリカから韓国入りするアメリカ軍兵士のうち、韓国に入国した直後、新型コロナウイルスに感染していることが確認されるケースが相次いでいることから、アメリカ軍の検疫体制を批判する声が出ていました。
4月17日以降に、韓国駐留アメリカ軍で確認された感染者は、いずれも、韓国国内でなく、海外から入国した兵士で、これまでの感染者144人のうち120人が、韓国に入国した直後、感染が確認されました。。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >