メニューへ 本文へ

政治

LG電子 スマートフォン事業から撤収の見通し 業績赤字続きで

Write: 2021-01-21 11:03:45

Photo : YONHAP News

LG電子は、スマートフォン事業から撤収し、近く関連事業部を売却するかどうか決める予定です。
LG電子は20日、報道資料を発表し「あらゆる可能性を念頭に置いて、モバイル事業の運営方向を綿密に検討している」と明らかにしました。
LG電子の関係者によりますと、事業部を維持する方向のほか、縮小や売却も検討されているということです。
LG電子のクォン・ボンソク最高経営責任者(CEO)もこの日、従業員にEメールを一斉送信し、モバイル事業撤収について「すべての可能性を念頭に置いて、検討中だ」として、「いかなる決断に至ろうとも雇用は維持する」と明らかにしました。
LG電子でスマートフォン、タブレット端末、ウェアラブル端末事業を担当するMC事業本部は、2015年第2四半期以降、23四半期連続で営業赤字を記録し、業績不振が続いていました。
去年末までの累積営業赤字は5兆ウォンに上り、スマートフォンのグローバル市場でもシェアはわずか1%程度となっています。
LG電子は11日に閉幕した世界最大級の家電・IT見本市「CES 2021」で、世界初の巻き取り式スマートフォン「LGローラブル」を公開し期待を集めたばかりでした。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >