北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

金正恩労働党委員長 5年間でミサイル46発を発射

ニュース2017-03-20
金正恩労働党委員長 5年間でミサイル46発を発射

北韓の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が北韓のトップになって以来、北韓が実験などで打ち上げたミサイルの数は合わせて46発に上り、金額に換算すると1500億ウォンに相当するという分析が出されました。
韓国軍によりますと、北韓の金正恩労働党委員長が北韓のトップになった2012年以来、ここ5年間で行われたミサイルの発射実験は28回に上り、合わせて46発の弾道ミサイルが打ち上げられました。
これを北韓がかつて中東地域などに輸出していたミサイルの価格を参考に換算すると、およそ1500億ウォンに相当するということです。
北韓は、ことしに入ってから先月12日に中距離弾道ミサイル1発 、今月6日にスカッド・ミサイル4発をそれぞれ発射しています。
北韓が金正恩労働党委員長の指示の元で発射実験を行った弾道ミサイルは、いずれも小型の核弾頭を搭載することができるものです。
一方、故金正日(キム・ジョンイル)国防委員長時代の18年間は、合わせて16 発の弾道ミサイルの発射実験が行われています。

新着ニュース