北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

軍事・赤十字会談 韓国政府が提案

ニュース2017-07-17
軍事・赤十字会談 韓国政府が提案

韓国政府は17日、北韓に対して 南北軍事会談の開催や離散家族再会行事実施に向けた赤十字会談の開催を提案しました。
国防部の徐柱錫(ソ・ジュソク)次官は記者会見で、「緊張を高める一切の敵対行為中止に向けた軍事当局会談を7月21日に板門店で開催することを提案する」と語りました。
また、大韓赤十字社の金仙香(キム・ソンヒャン)副総裁は記者会見で、「離散家族再会行事の実施など、人道問題解決に向けた赤十字会談を8月1日に板門店で開催することを提案する」と語りました。
文在寅大統領は今月6日、ベルリンで演説し、北韓に対して、1953年の韓国戦争の休戦協定調印から64周年を迎えるのを機に軍事境界線付近での敵対行為の中止を呼びかけ、日本のお盆に当たる10月4日の秋夕に合わせて、離散家族の再会行事を実施することも呼びかけました。
今回の提案は文在寅大統領の呼びかけを具体化するための措置です。
南北当局間の対話のチャンネルが遮断されていることから、提案は記者会見の形で行われました。
南北軍事会談については軍通信線を通じて、赤十字会談については板門店の赤十字連絡事務所を通じて回答するよう求めました。
北韓が提案に応じれば、2015年12月の南北次官級会談以来、1年7カ月ぶりに南北当局間の対話が実現します。
軍事会談は2014年10月以降途絶えていて、離散家族再会行事は2015年10月以来、途絶えています。

新着ニュース