北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

水面下で接触か アメリカと北韓

ニュース2017-08-12
水面下で接触か アメリカと北韓

アメリカと北韓が非難の応酬を続けるなか、アメリカの複数のメディアが、両国が外交ルートを通じて、水面下で接触を重ねていると伝えました。
アメリカのAP通信など複数のメディアは、現地時間の11日、国務省で北韓問題を担当するジョセプ・ユン特別代表が、ニューヨークにある北韓国連代表部のパク・ソンイル次席大使と数か月にわたって定期的に接触を重ねていると伝えました。
アメリカと北韓が軍事行動まで示唆して連日、非難の度合いを高めている中で、両国が緊張緩和に向けて外交努力を続けていることを示すものとして注目されています。
これについて、トランプ大統領は11日、記者団に「水面下の接触については話したくない」と語り、報道の確認を避けましたが、これに先立って、アメリカのティラーソン国務長官は「私たちは北韓が対話を望めば、対話ができる別の意思疎通の手段がある」と語っていて、北韓との秘密の外交ルートがあることをうかがわせました。
アメリカ国務省のジョセプ・ユン特別代表は、北韓に拘束されているアメリカ人をめぐって、ことし5月から北韓の当局者と接触を始め、6月には北韓で拘束されていた大学生故オットー・ワームビアさんの釈放を導き出したとされていて、北韓との対話では、北韓の核問題のほかに北韓に拘束されているアメリカ人について意見が交わされていたものとみられます。

新着ニュース