北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

北韓 安保理の追加制裁決議に「拒否」

ニュース2017-09-13
北韓 安保理の追加制裁決議に「拒否」

国連安全保障理事会が、北韓に対する追加の制裁決議を採択したことについて、北韓が拒否すると表明し、アメリカに対して「最大の苦痛を経験することになる」と威嚇しました。
北韓の韓大成(ハン・デソン)ジュネーブ代表部大使は、現地時間の12日、ジュネーブで開かれた軍縮会議で、「安保理が北韓に対する追加の制裁決議を全会一致で採択したことは、不法だ」と主張し、「法的根拠のない決議を、もっとも強い言葉で、断固として拒否する」と述べました。
また、決議の採択を主導したアメリカに対して、「すでに完成段階に達したわれわれの核プログラムを後戻りさせようと、政治、経済、軍事的対立をあおっている。アメリカは、これまで経験したどんな苦痛よりも大きな苦痛を経験することになる」と威嚇しました。
一方、軍縮会議に出席していた、韓国、アメリカ、日本などは、追加の制裁決議を歓迎する意を示し、北韓に対話の場に出ることを改めて求めました。
安保理は、現地時間の11日午後、北韓への石油精製品の輸出に上限を設け、原油の供給量を事実上現状維持とするほか、北韓からの繊維製品の輸出と、北韓の出稼ぎ労働者に対する新規の就労許可も禁じる制裁決議を全会一致で採択しています。

新着ニュース