北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

北韓の核実験場付近でM2.7の揺れ

ニュース2017-10-13
北韓の核実験場付近でM2.7の揺れ

13日未明、北韓の核実験場の近くでマグニチュード2.7の小規模な揺れが観測されましたが、人工的なものではなく自然地震とみられています。
韓国気象庁によりますと、北韓北東部、咸鏡北道(ハムギョンブクド)吉州(キルジュ)郡の北北西54キロで13日午前1時41分ごろ、マグニチュード2.7の地震を観測しました。豊渓里の核実験場に近いところです。
震源の深さは3キロメートルで、人工的なものではなく自然地震とみられています。気象庁は、9月の北韓による6回目の核実験の余波とみられるとしています。
北韓が9月に行った6回目の核実験では、マグニチュード6.1の揺れが観測されています。

新着ニュース