北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

IOC 平昌五輪に国としてロシアの参加認めず 

ニュース2017-12-06
IOC   平昌五輪に国としてロシアの参加認めず 

IOC=国際オリンピック委員会は、来年2月に韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックに、国家ぐるみのドーピングが指摘されているロシアを国としては参加させない方針を決めました。
IOCは現地時間の5日、スイス・ローザンヌで理事会を開き、ロシアが国家ぐるみで組織的なドーピングと隠ぺいを行っていたことを認定し、ロシアオリンピック委員会を資格停止とし、選手団としての参加を認めない方針を決めました。ただ、選手個人の資格での参加は条件を満たした場合に限って認めるということです。
選手個人の資格での参加は、過去にドーピングで失格していないことや、反ドーピング機関が推薦する大会前の検査を受けた場合などに限るとしています。
このためロシアが平昌オリンピックをボイコットする可能性が懸念されていますが、ロシアのペスコフ大統領報道官は4日、IOC理事会が始まる前に、参加が制限されても大会をボイコットする予定はないことを明らかにしました。
ロシアは、アメリカ、ノルウェー、オーストリア、ドイツとともに冬季スポーツ強国であり、ロシアが参加をボイコットする場合、平昌大会にも影響を与えることから、平昌組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長は5日、「来週12日に行われるロシアオリンピック委員会で、ロシアが懸命な判断を出すよう希望する」と語りました。

新着ニュース