主なニュース

トップページ > 主なニュース > ニュース

南北女子アイスホッケーチーム検討 北韓IOC委員

ニュース2018-01-13
南北女子アイスホッケーチーム検討 北韓IOC委員

平昌(ピョンチャン)オリンピックへの参加のため、スイス・ローザンヌのIOC=国際オリンピック委員会本部を訪れていた北韓の張雄(チャン・ウン)IOC委員は、「南北合同で女子アイスホッケーチームを作ることを検討している」と述べました。
北韓の張雄委員は、平壌に帰るために立ち寄った北京国際空港で、13日、取材陣に対して「この案は韓国が提案したもので、IOCで検討が進んでいる」と述べました。
しかし「南北単一チームについて北韓は前向きなのか 」という質問に対しては、即答を避けました。
韓国女子アイスホッケーチームは、開催国の資格で平昌オリンピックへの出場権を持っており、もし南北で単一チームを作ることになれば、北韓は開催国特別推薦枠で出場することになります。
国際大会で南北単一チームが作られたのは、1991年4月に日本の千葉で開かれた「世界卓球選手権大会」と、同じ年の6月にポルトガルで開かれた「世界青少年サッカー選手権大会」がありますが、オリンピックで単一チームが結成されれば、史上初めてとなります。

新着ニュース