北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

米大統領補佐官 「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」

ニュース2018-05-17
米大統領補佐官 「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」

アメリカのボルトン国家安全保障担当大統領補佐官が、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を求める姿勢を崩さない考えを明らかにしました。
ボルトン大統領補佐官は現地時間の16日、 アメリカのFOXニュースのラジオ番組とのインタビューで、米朝首脳会談の成功に全力を尽くすが、会談の目的である「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」は放棄しないと述べました。
米朝首脳会談の見通しについては、「我々は楽観的であると同時に現実的だ」と述べました。
北韓がなぜ突然態度を変えたかについては、「こうした反応は、いまに始まったことではない。私はこうしたことに慣れている」と話しました。
また、ボルトン大統領補佐官は、「今朝、大統領府青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長と電話で意見交換した」と伝えました。
北韓が6か国協議の首席代表を務める金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官名義の談話を発表したことについて、北韓が米朝首脳会談に向けた準備を続けている証拠だという見方を示しました。
北韓の国営朝鮮中央通信は16日、金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官の話として、アメリカが一方的に北韓の核計画放棄を主張するなら、北韓はアメリカとの首脳会談を再考するかもしれないと伝えています。
この談話で北韓は、トランプ政権の代表的強硬派のボルトン大統領補佐官らが求めている、北韓にまずは核を放棄させ、あとで制裁を緩和するいわゆる「リビア方式」を真っ向から拒否したものとみられています。

新着ニュース