北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

文在寅大統領 青瓦台でベルギー王女と会談

ニュース2017-06-14
文在寅大統領 青瓦台でベルギー王女と会談

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、大統領府青瓦台でベルギーのフィリップ国王の特使として韓国を公式に訪れたアストリッド王女と会談し、両国の経済協力など多様な懸案について意見を交わしました。
会談でアストリッド王女は、大統領就任を祝う、兄のフィリップ国王からの挨拶を伝えました。
文在寅大統領は、「韓国とEUのFTA=自由貿易協定締結以降、韓国とベルギーの間で貿易が増加している。今後も、化学、医薬品、ICT=情報通信技術など両国の強みがさらに発展することを望む」と述べました。
また「北韓の核問題の解決に向けて、国際社会が協力するなかで、制裁や圧力だけでなく、対話も必要だ。EU=欧州連合発足当初、ヨーロッパの統合のため、ベルギーが大きな役割をしたと聞いている。そのような経験が韓国にとって大きな教訓となるだろう」と話しました。
さらに、今月25日の韓国戦争ぼっ発の日について触れ、当時ベルギーが派兵したことについて感謝の意を表しました。
文大統領は、アストリッド王女が国際パラリンピック委員会の名誉委員を務めていることについて言及し、「来年2月に平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックとパラリンピックが開催されるときも、韓国を訪れていただきたい」と述べました。

新着ニュース