北韓は今

トップページ > 北韓は今 > ニュース

平昌五輪 今週から南北交流イベント開始に

ニュース2018-01-29
平昌五輪 今週から南北交流イベント開始に

北韓の平昌冬季オリンピックの参加に向けて、韓国と北韓の施設をそれぞれ訪問していた南北の視察団の日程がすべて終わり、今週から南北の交流イベントが本格的に始まるものとみられます。
韓国と北韓のスキー代表選手団は、北韓の江原道(カンウォンド)元山(ウォンサン)市にある馬息嶺(マシンニョン)スキー場で、今月31日にも1泊2日の日程でアルペンスキーとクロスカントリースキーの合同練習を行う予定です。
また、2月4日には、北韓の金剛山(クムガンサン)にある金剛山文化会館で、北韓住民300人と韓国からの訪問客300人が出席したなか、韓国と北韓のアーティストが1時間ずつ公演することが事実上確定しています。
続いて、2月6日には、先週視察団として韓国を訪問した玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長率いる三池淵(サムジヨン)管弦楽団の団員140人が陸路で韓国に入り、8日には江原道江陵(カンヌン)市で、11日にはソウル市で公演する予定です。
さらに、平昌オリンピックの開幕を2日控える2月7日には、北韓の応援団230人とテコンドー演武団30人が韓国入りするものとみられます。
一方、北韓の高官級代表団の構成員や訪問日程は現在未定で、平昌オリンピック開幕の直前に詳細が決まるものとみられます。

新着ニュース