主なニュース

トップページ > 主なニュース > ニュース

北韓団体、日本の国会議員らの靖国参拝を批判

ニュース2019-10-21
北韓団体、日本の国会議員らの靖国参拝を批判

北韓の強制連行被害者と遺族でつくる会は20日、 日本の超党派の国会議員98人が、靖国神社の秋の例大祭にあわせて参拝したことを批判しました。
北韓の「朝鮮人強制連行被害者・遺族協会」は朝鮮中央通信を通じて発表した談話で、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーが靖国神社に参拝したことについて、「今回の参拝を通じて、彼らの頭の中には過去の侵略に対する反省や謝罪は全くなく、再び海外侵略の道に走ろうとする野心しかないことが改めて分かった」と指摘しました。
そのうえで、「軍国主義という毒で、日本国民を中毒に陥らせ、昔夢見ていた『大東亜共栄圏』を実現しようとしている」と批判しました。
また、「靖国神社にそろって参拝し、世界の人々の願いや流れに逆らっている日本の政治家たちは、自分たちの先祖が朝鮮の人民に犯した罪にまた罪を重ねるのを止め、一日も早く過去を清算すべきである」と指摘しました。

[Photo : YONHAP News]

新着ニュース