主なニュース

トップページ > 主なニュース > ニュース

北韓が文大統領の演説を強く非難 「韓国と二度と向き合わない」

ニュース2019-08-16
北韓が文大統領の演説を強く非難 「韓国と二度と向き合わない」

北韓の対韓国窓口機関である祖国平和統一委員会は16日、報道官談話を出し、前日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が行った独立記念日「光復節」の式典での演説を強く非難し、「韓国当局者と二度と向き合う考えはない」と主張しました。
報道官談話は、前日の文在寅大統領の演説について、「光復節とは縁がない妄言を並べたてたもの」としたうえで、「われわれは韓国当局者とこれ以上話すこともなく、二度と向き合う考えもない」としました。
また、韓米合同演習と韓国国防部が最近発表した国防中期計画に触れ、「われわれを壊滅させる目的がある」と主張し、韓国は、現在行われている韓米合同軍事演習が終われば自然と北韓との対話局面になると期待し、「米朝対話で漁夫の利」を狙っていると批判しました。
北韓が、文大統領の演説から丸1日もたたないうちに談話を発表し、韓国を強く非難したのは、文大統領の演説に韓米軍事演習についての説明や対話の提案が盛り込まれていなかったことに対する失望感の表れだという見方が出ています。
専門家は、北韓が、韓国の変化を対話の前提条件として求めてきたこれまでの要求を改めて強調し、韓国政府に圧力をかける狙いがあるとの見方を示しています。
ただ、北韓は、この報道官談話を、内部向けには伝えていません。

[Photo : YONHAP News]

新着ニュース