主なニュース

トップページ > 主なニュース > ニュース

亡命の元駐英北韓公使 北韓関連組織からスマホハッキング被害

ニュース2020-02-17
亡命の元駐英北韓公使 北韓関連組織からスマホハッキング被害

2016年に韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元イギリス駐在北韓公使が、北韓とかかわりがあるとみられる組織からスマートフォンをハッキングされていたことがわかりました。
情報セキュリティ企業の関係者が17日、KBSのインタビューに答え、明らかにしたところによりますと、去年10月から11月ごろ、韓国記者のスマートフォンハッキング被害を調査した際、北韓とかかわりがあるとみられる組織「金星(クムソン)121」に所属するハッカーのサーバーを追跡したところ、太氏のスマートフォンから盗み出したとみられる情報を見つけ、本人に知らせた」ということです。
「金星121」は去年、韓国の外交、安全保障当局者に「なりすましメール」も送っています。
この関係者は、「ハッカーのサーバーから、太氏のスマートフォンから盗み出したとみられるショートメッセージや写真、チャットでやり取りした内容などを確認した。メッセンジャーアプリを通じて不正プログラムがインストールされたとみられる」と話しています。
またこの関係者は、同じ時期に太氏のほかにも、大統領府補佐官、マスコミ関係者、脱北者などのパソコンやスマートフォンもハッキングされたとみられると明らかにしました。
太氏は最大野党「自由韓国党」の公認候補として、ことし4月15日の総選挙に立候補する予定です。

[Photo : YONHAP News]

新着ニュース