ニュース

韓半島 A to Z

主なニュース

北韓・金与正氏 韓国国防部長官の対北軍事能力めぐる発言を非難

ニュース2022-04-04
北韓・金与正氏 韓国国防部長官の対北軍事能力めぐる発言を非難

北韓は3日、韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官が北韓を先制攻撃する能力に言及したことを非難し、「韓国は深刻な脅威に直面する可能性」があると警告しました。
北韓の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長は3日に朝鮮中央通信を通じて談話を発表し、「韓国の国防部長官がわが国に対する『先制打撃』の妄言を吐き、対決の狂気をあらわにした。韓国は国防部長官という者がむやみに吐いた妄言のせいで深刻な脅威に直面するかもしれない」と警告しました。
金与正氏はそのうえで、「核保有国を相手に『先制攻撃』をうんぬんした。惨劇を避けたいのなら自粛すべきだ」と猛烈に非難し、「私も委任により厳重に警告する」とし、こうした非難が金正恩氏の意を受けたものであることを示唆しました。
また朝鮮労働党の朴正天(パク・ジョンチョン)書記も談話を出し、「韓国が先制攻撃などの危険な軍事行動を取れば、ソウルの主要目標と韓国軍を破壊するために容赦なく全ての軍事力を集中させる」と威嚇しました。
談話は、韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官が1日、「北韓からミサイルが発射される兆候が明確な場合には、発射地点と指揮・支援施設を精密打撃できる」と述べた発言に反発したものです。
ミサイル発射の兆候がある場合に発射地点を攻撃する態勢は、核・大量破壊兵器対応体系を構成する「戦略的打撃体系」の一環ですが、戦略的打撃体系は過去の保守政権で推進されたもので、北韓のミサイル発射の兆候を探知して先制攻撃する「キルチェーン」と北韓から攻撃された場合に指導部などに報復攻撃を行う大量反撃報復(KMPR)を含まれますが、文在寅(ムン・ジェイン)政権に入ってからは取り上げられることはなく、国防部長官が公に言及したのはきわめて異例です。
金与正氏と朴正天氏の談話は、党機関紙『労働新聞」を通じて北韓住民向けにも報じられていて、韓国との対決姿勢を鮮明にして内部の体制固めを図る狙いがあるとみられ、今後、北韓が韓国に対してさらに強硬な姿勢に変わる可能性が高いとみられています。

[Photo : YONHAP News]

新着ニュース