メニューへ 本文へ
Go Top

オ!サムグァンビラ (2) 제가 좀 바빠서요

#ドラマ韓国語 l 2021-04-11

ドラマ韓国語

きょうのセリフ

ジェヒ(재희): 이거 술집에서 주우셨죠.

(これ居酒屋で拾ったんでしょう) 

ナロ(나로): 아뇨. 길에서.

(いいえ、道端で)

ジェヒ(재희): 길에서요? 하... 

(道端で?)

이거 주인 전화도 안 왔죠? 

(持ち主から連絡もないでしょう)

잃어버린 줄도 모를 거야 지금.

(たぶん無くしたことにも気づいてないよ)

ナロ(나로): 그럼 이만.

(では、これで)

ジェヒ(재희): 저기, 차 한 잔 하고 가세요. 수고하셨는데.

(せっかくですからお茶でもどうですか)

ユ室長(유실장): 그러세요. 앉으세요.

(そうですよ、座ってください)

ナロ(나로): 아니 괜찮습니다.

(いいえ、結構です) 

ジェヒ(재희): 일부러 여기까지 오셨는데 한 잔 하고 가세요. 

(いいから、飲んでいってくださいよ)

저는요, 아직까지 이런 모범시민이 계시다는 거에 제가 다 흐뭇하네요. 

(今時こんな親切な人がいるなんて、世の中捨てたもんじゃないですね)

ナロ(나로): 제가 좀 바빠서요. 수고하세요.

(チェガ チョム パッパソヨ)

(あいにく用事があるので、失礼します)


説明

제---[人称代名詞] わたくし、わたし ※”내”の謙譲語

가---[助詞] ~が

좀---[副詞] 少し

바쁘다---[形容詞] 忙しい 


直訳すると、「私が少し忙しいので」と訳すことができるのですが、「私が」は“제가”、「少し」は“좀”、「忙しいので」は、“바빠서요”に対応しています。

このフレーズは、相手からの誘いや頼み事をやんわりと断るときに使う表現で、本当に忙しくて断るときにも使えますが、特に忙しくなくても、理由を説明しないで断りたいときに使うことが多く、日本語では、「あいにく用事があるので」などと訳すことができるでしょう。

ドラマのシーンで、ジェヒの誘いに、ナロは“제가 좀 바빠서요(あいにく用事があるので)”とだけ言って帰ってしまいます。言い方にもよりますが、これだけだと、なんだか冷たく聞こえてしまう可能性もあり、相手が気を悪くしてしまうかもしれません。なので、「すみませんが」という意味の“죄송한데”と一緒に使って、“죄송한데, 제가 좀 바빠서요(すみませんが、あいにく用事があるので)”と言った方が、相手の気分を害することなく、断ることができると思います。

また、格式ばった表現を使うべき相手には “제가 좀 바빠서 이만 가 봐야겠습니다. ”(あいにく用事がありまして、お先に失礼します)のような、完全な文章で言うのが望ましいです。

逆に、友達同士で言うときは“제가”は目上の人に使う人称代名詞なので、代わりに“내가”を使い、文末の“요”を取って、“내가 좀 바빠서(ちょっと用事があって)”と言うことができます。


使い方

① 自分の代わりに残業をしてほしいと上司に頼まれた時この一言 → 죄송한데, 제가 좀 바빠서요(すみませんが、あいにく用事があるので)

② 家に帰ろうとして「まだ早いんじゃないの?」と引き留められたときこの一言 → 제가 좀 바빠서요(あいにく用事があるので)


おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >