メニューへ 本文へ
Go Top

ファン・ヒョンジンの短編小説「傘も貸してくれますか」

#ラジオ図書館 l 2021-04-13

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

店員たちは彼女を店の奥の狭い事務室に連れていき、

防犯カメラを巻き戻し、繰り返し再生して見せてくれた。

モノクロのモニターの中の彼女は、確かに万引き犯のように見えた。

母親と通話中の彼女の姿は不安げに周りの人の視線を避けているようだった。

「万引き犯、摘発されたら20倍請求」

店員は慣れた手つきで彼女の腕にあった服を計算し始めた。


그들은 그녀를 좁은 사무실로 데려가

CCTV영상만을 반복 재생해서 보여주었다.

흑백 화면 속 그녀는 영락없는 도둑이었다.

엄마와 통화중인 그녀의 모습은

주변 사람들의 눈치를 불안하게 살피는 것처럼 보였다.

‘훔치다 적발시 20배 보상’

남자직원은 능숙한 손놀림으로 계산기를 두드리며

그녀가 훔친 옷들의 값을 더했다.



#インタビュー:文芸評論家 チョン・ソヨンさん

「セール開催中」と書かれたポスターにつられて店に入ったり、セール中の服を選ぶ時も迷ったりする主人公の姿から彼女の経済的な状況を知ることができます。店員たちがはっきりとしない証拠をつきつけ、彼女の説明を聞こうともしないで泥棒呼ばわりしているにもかかわらず、これといった抗議もできません。作者は主人公の性格や暮らしぶりを長々と説明するのではなく、こうした場面を通して簡潔に伝えています。



大きな窓の向こうには灰色の空が広がっていた。

ひどい頭痛を感じた。


「頭が痛いんじゃなくて、頭が悪くなったんだわ。

だから、あんなとんでもない請求書にサインをして、

いとも簡単にクレジットカードを渡してしまったんだわ。」 


携帯電話が鳴った。知らない番号だった。

相手は彼女の名前を尋ね、何度も本人かどうか確かめた。

昨日、彼女を脅すように追求した店員の声だった。


「今日中に解決するよう、申し上げたはずですがね。」


言いたいことは山ほどあったが、

ドアの向こうで耳をそばだてているに違いない母親のことを考えると

言葉が出なかった。

受話器の向こうの店員は彼女を責め立てた。


彼女は店員の言葉を最後まで聞かず電話を切り、

便器の水を流した。


커다란 유리창에 거무튀튀한 하늘이 가득 비쳤다.

머리가 깨질 듯 아팠다.


“아픈게 아니라 나빠지고 있는 거야. 그러니 각서에 서명을 하고 순순히 신용카드를 내어준 거지”


모르는 번호로 전화벨이 울렸다. 

상대가 그녀의 이름을 물으며 본인이 맞는지 거듭 물었다.

어제 의류매장에서 그녀를 협박하고 추궁하던 직원이었다.


“분명히 오늘 중으로 해결해야 한다고 말했을텐데요”


많은 말들이 머릿속을 스쳐 지나갔지만

문밖에서 귀를 세우고 있을 엄마 때문에 아무말도 할 수 없었다.

수화기 너머 직원은 그녀를 나무라면서

비난하는 말을 줄줄 이어갔다.


그녀는 더 듣지 않고 전화를 끊고 변기의 레버를 눌러 물을 내렸다.




作家:ファン・ヒョンジン (1979.~ 、忠淸南道 瑞山市生まれ)

デビュー:2011年 小説「死ぬほど辛くはない」文学村作家賞受賞

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >