メニューへ 本文へ
Go Top

経済

クラウドサービスを手がける「ネイバー・ビジネス・プラットフォーム(NBP)」

#韓国技あり企業 l 2019-09-23

週間経済フォーカス

© NAVER BUSINESS PLATFORM Corp

きょうご紹介した企業は、 京畿道(キョンギド)城南(ソンナム)市にあるIT企業、NBP= 「ネイバー・ビジネス・プラットフォーム」 です。

「NBP」は、韓国のポータル大手「ネイバー」のIT部門でしたが、2009年に分割され、独立法人となり、2017年4月からクラウドコンピューティングサービスを始めました。クラウドコンピューティングサービスは、インターネットを経由して別のコンピューターが持つメールサービスや文書作成サービスなどを利用することができるサービスです。

「NBP」が「アマゾン」や「グーグル」「マイクロソフト」などグローバル大手が激しく競争するクラウドサービス市場への参入を決めたとき、市場の見方は懐疑的でした。それでも、「NBP」には自信がありました。NBPは、「ネイバー」の多様なサービスをサポートするなかで、世界レベルのIT専門技術を蓄積してきました。「NBP」ほど多岐にわたるサービスの運用をサポートした経験を持つ事業者は海外にもありません。さらに、24時間年中無休の充実した顧客サポートも評価されています。セキュリティの確保にも力を入れ、国際標準認証機関であるBSI=イギリス規格協会と、アメリカのCSA=クラウド・セキュリティ・アライアンスによるクラウドサービスのセキュリティレベルを評価するための共同の認証、「STAR認証」で、韓国企業では初めて最も高い「ゴールド」の評価を得ました。また、医療情報の保護に関する国際規格の認証を業界で初めて取得し、医療機関をはじめ、金融機関、公共機関にクラウドサービスを提供しています。また、韓国企業としては初めて、国際機関にクラウドサービスを提供しています。

「NBP」は、韓国のIT産業の発展に貢献するため、特別な取り組みをしています。国内の中小のIT企業との共存を図るため、「グリーンハウス」というプログラムを実施し、新しいサービスを始めたベンチャー企業に対し、クラウドサービスなど不可欠なインフラのサポートを提供しています。

「NBP」の取り組みが、韓国のIT産業にどのような変化をもたらすのか、楽しみです。


© NAVER BUSINESS PLATFORM Corp

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >