メニューへ 本文へ
Go Top

経済

Kポップエンターテインメントのプラットフォームを運営する「メイクスター」

#韓国技あり企業 l 2021-05-03

週間経済フォーカス

ⓒ MAKESTAR

きょうご紹介した企業は、ソウル市江南(カンナム)区にある中小企業、「メイクスター」です。この会社では、Kポップエンターテインメントのプラットフォーム「メイクスター」を運営しています。

「メイクスター」は、クラウドファンディングによって、Kポップコンテンツの制作に世界中のファンを参加させる制作・流通プラットフォームです。例えば、Aというアーティストの写真集を制作するプロジェクトが「メイクスター」に登録されると、それを応援したいと思うファンが資金を提供します。目標額が達成されると、写真集の制作が行われ、ファンディングに参加したファンに写真集が届けられるなど見返りが提供されます。「メイクスター」によって、Kポップファンは、単なる消費者ではなく、投資家、制作者になるのです。2016年にサービスを開始し、現在、世界の230の国と地域のファンがアクセスしています。


ⓒ MAKESTAR

ファンのための様々なイベントも行っています。たとえば、Kポップアーティストの新しいアルバムを購入したファンのなかから抽選で、アーティストとテレビ電話で会話できる機会を提供したりしています。こうしたイベントに対する海外のファンの関心は高く、「メイクスター」は、売上の70%以上をアメリカ、ヨーロッパ、日本、中国など海外であげています。

「メイクスター」は、IT技術を用いて世界中のファンのデータを収集・分析し、プロジェクトやイベントの企画などに役立てています。提携している芸能事務所にも提供し、相乗効果を生み出しています。

コロナ禍でも、「メイクスター」の売上は大幅に伸びています。芸能事務所と協力し、ファンミーティングなどオフラインのイベントを速やかにオンラインに切り替え、独自の物流システムによって海外のファンにKポップグッズを届けるなど、素早い対応を取ったことが功を奏したのです。

「メイクスター」は、韓流をリードする総合エンターテイメントプラットフォームになることを目指しています。革新と変化を恐れない「メイクスター」の今後の活躍に注目です。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >