メニューへ 本文へ

文化

キム・シヌ(김신우)の短編小説「思い出だけが残った女」

#ラジオ図書館 l 2021-01-12

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

アンタクトゾーンに住んでいる人たちの生活はほとんど同じだった。


市場が非対面システムに変わると

デパート、スーパー、お惣菜の店など、ショッピングは

オンラインもしくは仮想現実の消費活動だけが可能になった。

銀行の建物も消え始め、インターネットでの取引きしかできなかった。

病院も基本的な診察は遠隔で受けなければならず、

外に出るのは軽い散歩ぐらいしかないほど

活動の範囲が狭くなった。


언텍트존(UNTACT ZONE)에 사는 사람들의 삶이 대부분 그랬다.


시장이 비대면 시스템으로 전환되자

백화점, 마트, 반찬 가게 등의 쇼핑이 

온라인 또는 가상현실의 소비활동으로써만 가능하게 되었다.

은행건물도 사라지기 시작해 인터넷뱅킹으로만 거래가 가능했다.

병원 역시 기초적인 진료는 원격 의료로 받아야 했기 때문에 

외출이란 것 자체가 공원 산책 말고는 

거의 필요하지 않을 정도로 활동반경이 좁아지게 되었다.



新型コロナウイル感染症の影響でオンライン授業が普及し、

最初のうちは優秀な教育方式だと評価されましたが、

時間が経つうちに過去の教育方式に対する関心が高まりました。

オフラインの学校にはコミュニケーションがあるからでした。

そのため、生き残った少数のオフライン学校の人気は爆発的なものとなり、

貴族学校と呼ばれるようになりました。



#インタビュー:ソウル大学国語国文学科 パン・ミノ教授  

作者は現在の状況、つまり新型コロナウィルスの世界的大流行を作品の中にうまく取り入れています。最近、アンタクト、これは接触を意味する単語「コンタクト」と否定の意味を持つ接頭語「アン」を合わせて作られた造語ですが、このアンタクトが日常化しています。作者はアンタクトが当たり前のようになった社会ではコンタクトが新しい価値として浮かび上がるだろうと見たのです。コンタクトゾーンとアンタクトゾーンに分けられた社会という奇抜な設定から作家、キム・シヌの想像力を垣間見ることができます。



チョアはイギョンの手を取った。

「向かいのスターバックスに行きましょ。」

「私はドライブスルーの利用しかできないの...」

「あら、心配ないわ。ビジネス用に発給してもらった会員権があるの。

たかがカフェの会員券なのに100万ウォン以上入金しないと使えないなんて

話にならないわよね。とんだ世の中になったものだわ。」

チョアは見るからにコンタクトゾーンで暮らす女性だった。

ヘアスタイルからメーキャップ、服装まで、

誰かに「見せる」必要があるように気を遣っていたからだ。 


초아는 이경의 손을 거침없이 잡아 끌었다.

 ”길 건너 스타벅스로 가자“

 ”나는 드라이브스루 이용밖에는 안 되는데...“

 ”어머 얘, 신경 안써도 돼.

 법인에서 비즈니스용으로 발급받은 회원권이 몇 개 있으니까.

 한갓 카페 회원권이 100만원 이상부터 충전해야 쓸 수 있다는 게 말이 되니?

 세상이 미쳐 돌아가는 거지“ 

초아는 한 눈에 보기에도 콘택트존의 삶을 사는 여자처럼 보였다.

미용실에 자주 다니는 듯 보이는 머리에, 화장에, 옷차림이

‘보여줄’ 필요가 있는 삶을 의미했기 때문이다.




作家:キム・シヌ (1978.~ )

デビュー:2001年 毎日新聞に短編小説「免疫記」発表

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >