メニューへ 本文へ

文化

キム・シヌの短編小説「思い出だけが残った女」2

#ラジオ図書館 l 2021-01-19

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

目に見えるものをたくさん持っていても裕福とは言われない社会になってしまった。

不動産やビルや銀行の残高などはさほど注目されなくなった。

目に見えないものをたくさん持っているほど本当に裕福だと評価された。

株や仮想通貨、暗号通貨であるさまざまな種類のコインなどをたくさん持っている人が

富裕層とみなされた。

いつからかその中に「知識」が含まれるようになり、

その下位概念である「記憶」を売買するまでになった。

記憶は資本の最後の堡塁であり、人間の最後の堡塁となってしまった。


눈에 보이는 것을 많이 가졌다 해서 부자라고 하는 것은 식상한 사회가 되어버렸다.

과거의 부동산 재벌, 건물주, 예금 자산가 등은 크게 주목받지 못했다.

손으로 만질 수 없는 것을 많이 가진 사람들일수록 진정한 부자로 평가받았다,

주식과 가상화폐는 물론이고

암호화폐의 종류도 다양한 코인을 보유할수록 부유층에 속했다,

그러한 배경에 “지식”을 포함시켰고

그것의 하위 개념인 ‘기억“을 사고팔자는 상황까지 왔다

기억은 자본의 마지막 보루이자 인간의 마지막 보루가 되어버렸다.



チョアは息子の高校入試を有利にするため、

イギョンに初恋の思い出を売るよう提案します。

国会とマスコミで合法化に関する議論が盛んに行われている

「記憶移植」をしてほしいと頼んでいるのです。



#インタビュー:ソウル大学国語国文学科 パン・ミノ教授 

近未来、2028年の社会でも良い条件を備えた人が良い学校に行けるのは変わりません。良い条件を備え、良いものを享有していた人たちはそれを享有し続けるのです。ただ一つ、面白いのは人の才能や能力を評価する時、外的条件だけではなく、内面も評価していることです。小説の中では初恋のような純粋だった頃の思い出を高く評価しています。



「思い出がない人もいるの?」

「私にはそんなものはないわ。でも、今は必要なの。

息子のグレーソンの特別選考にそれが必要なのよ。

特別選考には人工知能の面接があるの。

正確に言えば、親に関する深層面接。

子どもを立派な人に育てるために

親がどんな役割をし、どんな寄与をしたのかを評価するってわけ。

人工知能がどれだけ正確に本物と偽物を見分けるのか、

あなたも知っているでしょ?

自己紹介を適当に作り上げたり、でっちあげの情報を書けた頃が懐かしいわ。

嘘探知機で調査を受けているようなものだから嘘がつけないのよ。

怖い世の中だわ。」


「かすかな恋の思い出すら消えてしまったら私の過去には何が残るのかしら。」 


“추억이 없는 사람도 있니?” 

“나한테는 그 딴게 없어. 난 지금 그게 꼭 필요하거든”

“그레이슨의 특별전형에 필요해서 그래.

특별전형은 AI 면접을 통과해야 돼.

정확히 말하면 그레이슨의 부모 심층면접이라고 할 수 있지.

자녀를 훌륭한 인적 재원으로 길러내기까지 

부모는 어떤 역할을 했고, 기여를 했는지 보는 거야.

너도 알잖아. AI가 가짜와 진짜를 얼마나 정확하게 걸러내는지.

자기소개서 같이 서류를 꾸며 쓰거나 조작할 수 있었던 시절이 좋았지.

이건 뭐 거짓말탐지기 앞에서 조사 받는거나 다름없으니 지어낼 수가 있어야지.

정말 무서운 세상 아니니?”


‘희미한 사랑의 추억이나마 사라져버린다면 내 과거에는 뭐가 남는 거지?’




作家:キム・シヌ (1978.~ )

デビュー:2001年 毎日新聞に短編小説「免疫記」発表

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >