メニューへ 本文へ
Go Top

文化

石垣-チェ・ジニョン

#ラジオ図書館 l 2022-03-01

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

携帯電話が振動した。

知らない番号だった。

電源を切ってしまった。

通報したが、何も変わらなかった。

工場は回り続けた。

いつかは取締りを受け、リコール命令を受けるかもしれない。

私の通報とその「いつか」は関係あるのだろうか。

分からない。

石を一つ積み上げただけだ。



私は内部告発者になるのだろうか。

当然、首になるだろう。

ローンの利子はどうすれば良いのだろう。

誣告罪などで訴えられたらどうしよう。


何日も偏頭痛に悩まされながら、

朝晩、フタル酸エステル系可塑剤という化学物質について検索した。

環境ホルモンとして疑われ、発癌性物質だという。

にもかかわらず、しばしばおもちゃや生活用品の包装材などとして使われている。

みんな知っていながら使っているのだろうか。

なら、思ったほど悪いものではないのだろうか。

考えれば考えるほど判断がつかなかった。


난 내부 고발자가 되는 건가?

당연히 잘리겠지?

대출금 이자는 어쩌지?

괜히 신고했다가 무고죄 같은 걸로 고소당하면 어쩌지?


며칠 동안 편두통이 심해지도록 고민했다.

아침 저녁마다 초조한 마음으로 프탈레이트 가소제를 검색했다.

환경 호르몬 추정 물질이며 발암 물질이라고 했다.

그런데도 장난감뿐 아니라 각종 생활용품에서 자주 검출된다고 했다.

다들 알고도 쓰는 건가?

그렇게 나쁘지는 않은 건가?

생각할수록 헷갈렸다.



#インタビュー:文学評論家 パン・ミノさん

作者は子を失った親の苦痛、会社の不正に立ち向かう主人公の心など、人生で経験する悲しみや苦痛を石垣を築いていく石に例えています。そして、人はそれぞれの重い石、自分だけの悲しみや苦痛を背負っていきているのだと語っているのです。



その日、私は何を避けようとしたのか、今なら分かる。

私がどんな時に嘘をつき、

何を恥ずかしく思い、何から逃げる人間なのか、考えたくなかった。

だから忘れて生きてきた。

似たようなことが繰り返されるたびに忘れようと努めた。


結局、私は悪事を分かち合いながら生きる大人になった。

よくないことと知っていても、大丈夫だろう、まだ大丈夫だろうと

騙すことに慣れてしまった最低の大人。


그 때 내가 무엇을 피하려고 했는지 이제는 안다.

내가 어떨 때 거짓말하는 인간인지,

무엇을 부끄러워하고 무엇에서 도망치는 인간인지 생각하기 싫었다.

그래서 잊고 살았다.

비슷한 일이 반복될수록 더 잊으려고 했다.


결국 나는 나쁜 짓을 나누며 먹고 사는 어른이 되었다.

괜찮지 않다는 걸 알면서도 괜찮겠지, 아직은 괜찮겠지,

기만하는 수법에 익숙해져 버린 형편없는 어른.




作家:チェ・ジニョン(1981.~、ソウル市生まれ)

デビュー:2006年 短編小説「駒」 

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >