メニューへ 本文へ

ライフスタイル

第578話 兵役の延期? 特例措置? どうなるBTS

#アジュンマの井戸端会議 l 2020-10-20

玄海灘に立つ虹

ⓒ Big Hit Entertainment

BTSが最近またしても大きな話題をさらいました。

アメリカビルボードのシングルチャートHOT100で、1位と2位を占めたのです。2位は彼らのシングル『Dynamite』で、1位に輝いたのは『サベージラブ』という曲です。この曲はもともとアメリカのスターたちの楽曲ですが、それのリミックスにBTSが参加していて、そのリミックスバージョンが首位になったわけです。とにかく、ビルボードのアルバムチャート、シングルチャートともに首位に輝き、しかもさらにチャートインが難しいとされるシングルチャートで1位と2位を同時に占めたということで、ファンはもちろんのこと、韓国メディアもだいぶ盛り上がりました。その盛り上がりの中で浮かび上がっているのが、彼らの兵役の問題です。彼らの兵役を延期、あるいは特例措置を適用したほうが国益に資するのではないかという議論が活発に行われています。


まず兵役の延期については、2018年に改正された兵役法によって、入隊を28歳以降に延期するのはかなり難しくなりました。病気や心身症、家族の死亡など特別な理由がないと延期ができなくなっています。そうなると、BTSで一番年上のメンバー、ジンは今年の年末ぐらいに入隊するのではないかということになります。ジンは1992年12月生まれで、12月に28歳になるからです。


しかし、前人未到の成果を次々に上げているBTSということで、専門家の間では、30代前半まで、兵役を延期する措置を取るのが妥当ではないかとの声が強くなっています。このことについてはソ・ウク国防庁長官が「兵役特例措置を考慮していない」と述べたということですが、兵務庁のほうでは、30歳まで延期できるようにするという方向で検討しているようだとの報道もあります。国会には、文化体育観光部長官の推薦を受けた大衆文化芸術人は兵役を延期できるとする兵役法改正案も、与党議員によって提出されています。BTSによって韓国が上げている経済効果が年間6兆ウォンに達しているとの報告書が出ているほどですから、経済的にも、そして国威発揚という面でも、これからも当分は活動を維持できるよう、メンバーの兵役を延期することが検討されているのでしょう。


世論調査の結果でも、兵役の延期については好意的な向きが多いことがうかがえます。世論調査機関が、大衆芸術人の兵役延期を含む兵役法の改正についてのアンケート調査を行ったところ、「改正に賛成」が58.8%、「反対」が31.4%という結果が出ました。芸能関係者も兵役延期には賛成の意見が多数を占めています。その意見を要約しますと、「大衆音楽と体育分野は20代が活動のピーク」であり、「盛んに活動する時期に軍隊に行ってしまうと、経歴がぷつりと途切れてしまう感は否めない」、そのため「30歳あるいは30代前半まで十分に活動した上で兵役に就いても遅くはない」、「BTSのこの問題がどう解決するかによって、MONSTA XやSEVENTEENなど男性アイドルグループのマネージマントの方向性が違ってくる。兵役法が改正されなければ彼らの活動はどうしても途切れることになり、事務所との契約の問題もうまくいかなくなる可能性もある。KPOP市場が委縮してしまいかねない」というものでした。


しかし、延期もそうですが、兵役特例、つまり事実上の兵役免除という措置は、まして簡単な問題ではありません。韓国の兵役特例制度はオリンピック3位以上、アジア大会1位、国際芸術競演大会2位以上、国内の芸術競演大会1位などの入賞者は、芸術・体育要員として、基礎軍事教育(4週間の訓練)を受け、その後は特技を活用したボランティアを行うなど本来の活動をすることで兵役を代替することになっています。そのため、スポーツやクラシック音楽など他の分野だけでなく、同じ大衆芸術の分野においても、特例を受ける条件や公平性などに考慮しなければならない複雑な問題だからです。


それだけ、BTSといえども、兵役特例措置を受けることについては、反対意見も根強いのが現状です。「ビルボードチャート2位は、3位はだめなのか、なぜビルボードが基準なのか」という疑問の声もあります。ちなみに最近行われた世論調査の結果は、賛否が拮抗しています。4ヶ所の世論調査専門機関が今月8日から10日までの3日間、全国の18歳以上の男女1009人を対象に合同で行った世論調査で、「国威発揚のためBTSを兵役特例(事実上の兵役免除)の対象に含めるべきだ」という回答は46%を占めていましたが、「公正性と公平性に欠ける」として反対の意見も48%でした。やはり兵役特例というと、いくらBTSであってもなかなか風当りが強いようです。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >