メニューへ 本文へ

社会

秋夕の連休 高速道路サービスエリア内ではテイクアウトだけ

Write: 2020-09-28 14:54:05Update: 2020-09-28 14:56:52

秋夕の連休 高速道路サービスエリア内ではテイクアウトだけ

Photo : KBS News

新型コロナの感染防止のため、旧盆の秋夕(チュソク)の連休中には、高速道路のサービスエリア内の飲食店は、テイクアウトだけの営業となります。 
韓国道路公社が28日に発表したところによりますと、新型コロナの感染防止のため、連休前日の29日から来月4日までの6日間、全国の高速道路のサービスエリア内の飲食店では、座席に座って食べることが禁じられ、テイクアウトだけの営業となるということです。
また入口と出口を分けるほか、利用者の多い店舗やトイレには検温のため案内要員を置くということです。
さらに、入口の混雑を防ぐため、サービスエリアごとに設けられた電話番号に利用者が電話をかければ、自動で出入記録が残るシステムも導入するということです。
韓国道路公社はこれまで、毎年旧正月の「ソル」や「秋夕」の連休には通行料金を無料としてきましたが、ことしは有料としました。
一方、国土交通部は新型コロナの影響で、ことしの「秋夕」連休に帰省する人は、去年よりおよそ30%減って、2759万人になると推計しました。
しかし、新型コロナの感染を恐れて、公共交通手段の利用を控え、自家用車で移動する人が増えるため、道路は混雑することが予想されています。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >