メニューへ 本文へ

韓半島

北韓、宇宙科学技術討論会を開催 人工衛星開発の意思示す

Write: 2020-12-02 14:09:30Update: 2020-12-02 14:23:54

北韓、宇宙科学技術討論会を開催 人工衛星開発の意思示す

Photo : YONHAP News

北韓が、宇宙科学技術討論会を開き、人工衛星の開発に対する意思を改めて示したことが分かりました。
朝鮮中央通信は2日、朝鮮科学技術総連盟中央委員会の主催で「宇宙科学技術討論会」が開催されたと報じました。
討論会を開催した目的については、党と政府による平和的な宇宙開発政策を実施する事業で達成された科学技術の成果を広く紹介するためとしました。
一方、人工衛星に関する討論会が別途設けられたことから、北韓が人工衛星とともに打ち上げる長距離ミサイルを開発する意思を改めて示したとする分析が出ています。
国連の安全保障理事会は、北韓に対し、人工衛星の打ち上げを名目にした長距離ミサイルの発射を禁じています。
北韓は2014年から毎年、宇宙科学技術討論会を開催していますが、米朝首脳会談が開かれた2018年には開催しなかったため、米朝関係の改善を意識したためとする見方が出ていました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >