メニューへ 本文へ
Go Top

政治

政府 ストで職場離れた研修医に免許停止を通知へ

Write: 2024-03-05 15:31:10Update: 2024-03-05 15:32:22

政府 ストで職場離れた研修医に免許停止を通知へ

Photo : YONHAP News

政府が進める医学部の定員拡大に反発して集団で退職届を提出した研修医をめぐり、政府は、業務開始命令が出ているにもかかわらず職場に戻っていないことを確認したとして、予定通り医師免許を停止する行政処分の通知に踏み切ることにしています。 

全研修医の95%が勤務する全国100の総合病院では、先月中旬以降、所属する研修医およそ1万人が退職届を提出し、このうちおよそ9500人が職場を離れました。
 
中央災害安全対策本部が発表したところによりますと、4日現在でストライキを行っている研修医はおよそ9000人にのぼるということです。
 
政府は、職場に戻らなかった研修医らに対して、免許停止の手続きを行う方針で、5日から行政処分の事前通知書が発行されます。
 
ただ、手続き上の問題で、実際に免許停止などの処分が行われるまでには、5か月ほどがかかる見通しです。
 
政府は、医師らの集団行動が長期化することに備え、救急患者や重症患者を中心とする非常診療システムを維持し、医療の空白を埋められる代替人材を可能な限り拡充していく方針です。
 
一方、政府が来年度の医学部の定員人数の希望を募ったところ、全国40の医学部が申請した増員数は、合計3401人で、政府が目標とする2000人を大きく上回ったことがわかりました。
 
地域別では、首都圏の13の大学が990人、それ以外の地域の27の大学が2471人の増員を申請しました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >