メニューへ 本文へ

政治

韓国のことしの成長見通し-1.0%に下方修正 OECD 

Write: 2020-09-17 09:20:31

Photo : YONHAP News

OECD=経済協力開発機構は、韓国のことしの経済成長率をマイナス1.0%と、前回8月の予想より下方修正しました。 
OECDは16日、最新の経済見通しを発表し、2020年の韓国の経済成長率を、マイナス1.0%と、8月に予測したマイナス0.8%より0.2ポイント引き下げました。8月中旬に、韓国の首都圏で新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、感染対策が強化されたことが反映されたものとみられます。一方、来年2021年の韓国の成長見通しは、6月と8月時点と同じ3.1%と予測しています。
世界の成長見通しについては、6月時点のマイナス6.0%からマイナス4.5%に上方修正しました。OECDは、新型コロナウイルスの感染対策として世界各地で行われていた都市封鎖ロックダウンが緩和され、企業の生産活動が迅速に回復したと評価した一方、夏以降の世界の景気は回復の勢いを多少失っていると指摘し、韓国、ドイツ、日本の景気回復は遅れる可能性があると分析しました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >