メニューへ 本文へ

政治

12日から「社会的距離の確保」第1段階に 国務総理

Write: 2020-10-12 08:33:29

Photo : YONHAP News

政府は11日、新型コロナウイルスのため全国で取られている感染予防措置「社会的距離の確保」を12日から第1段階に引き下げると発表しました。
丁世均(チョン・セギュン)国務総理は11日、政府ソウル庁舎で開かれた中央災害安全対策本部の会議で、秋夕の連休を含めた特別防疫期間が終了した12日以降の新しい感染予防措置の調整案を発表しました。
丁総理は、「ここ2週間、国内で発生した新たな感染者数は、1日平均で60人を下回ったほか、1人が何人に感染させるかを示す『実効再生産数』も1を下回っているため、感染の勢いが落ち着いていると判断した」と説明しました。
そのうえで、丁総理は、「各自治体の自主性を保障し、防疫規則を守らなかった際には罰金を科すなど効果的な措置が取られるようにするほか、感染の勢いがまだ収まっていない首都圏は、第2段階の感染予防措置の中で、必要な措置を引き続き続ける」と話しました。
丁総理は、「多くの人が利用することで感染のリスクが高い施設については、基本的な防疫規則を守ることが義務付けられるほか、飲食店やカフェなど人が密集する店の中では、引き続き他の人と距離を置くなどの対策が取られる」とし、国民の理解と協力を求めました。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >