メニューへ 本文へ

政治

韓国の国家安保室長、米訪問し韓米同盟を再確認

Write: 2020-10-15 14:49:51

Photo : YONHAP News

大統領府青瓦台の徐薫(ソ・フン)国家安保室長が、13日から16日までの日程でアメリカ・ワシントンを訪問していることが分かりました。
青瓦台の報道官によりますと、徐室長は、アメリカ・ホワイトハウスのオブライエン大統領補佐官と面談し、強固な韓米同盟を再確認したほか、非核化を含めた北韓問題や韓米両国の懸案などについて協議したということです。
徐室長の今回のアメリカ訪問は、ことし7月に就任して以降初めてで、両国の安全保障室長の対面協議も、初めてだということです。
徐室長のアメリカ訪問について、青瓦台は、両国のNSC=国家安全保障会議常任委員会の間で、戦略的疎通を強化する一方、強固な韓米同盟に対するアメリカの支持を再確認するきっかけになることを期待するとしました。
一方、徐室長は、現地時間の15日、アメリカのポンペイオ国務長官と会談する予定となっていますが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国連総会の演説で言及した「韓半島の終戦宣言構想」や、北韓が労働党創建75周年を記念して行った軍事パレードに関して、どのような議論が行われるかに注目が集まっています。
青瓦台によりますと、今回の徐室長のアメリカ訪問は、アメリカ側の招請で行われたもので、訪問期間中にアメリカの政府高官や主要シンクタンクの関係者らにも会う予定だということです。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >