メニューへ 本文へ

政治

米大統領補佐 来月訪韓へ 北韓情勢などを協議

Write: 2020-10-19 12:44:42

Photo : YONHAP News

アメリカホワイトハウスのオブライエン国家安全保障担当大統領補佐官が来月韓国を訪れることになりました。 
大統領府青瓦台の報道官が18日、発表したところによりますと、13日から16日までアメリカを訪問した徐薫(ソ・フン)国家安保室長は訪問期間中、オブライエン補佐官ら要人と会談し、最近の韓半島情勢などについて協議したということです。
またオブライエン補佐官が来月、韓国を訪れる予定だと明らかにしました。
具体的な訪問の時期は、来月の大統領選挙以降になる見通しです。
報道官によりますと、徐国家安保室長とオブライエン補佐官は、北韓の軍事パレードなどへの見方を共有し、防衛費分担金交渉の早期妥結に向けて外交ルートを通じて協議を続けることで一致したと伝えました。
また2人は、韓半島の完全な非核化や恒久的な平和の定着に向けて、米朝対話の再開など実質的な進展策について踏み込んだ議論を行ったということです。
アメリカの要人らとの会談では、新型コロナへの韓国の対応について国際社会に範を示したとの評価があり、ワクチンや治療薬の開発で両国が協力することにしたということです。
また徐室長は、WTO=世界貿易機関の次期事務局長選で、最終ラウンドに進出した産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長への支持を要請し、アメリカ側は真摯に検討すると答えたということです。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >