メニューへ 本文へ

政治

王毅外相、康京和外相と外相会談 午後には文大統領とも面談

Write: 2020-11-26 14:50:15

Photo : YONHAP News

韓国を訪問中の中国の王毅外相は26日、外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官と外相会談を行いました。
会談で両外相は、新型コロナウイルスへの対応における協力策や北韓の動向を含む韓半島情勢など幅広い分野について議論したということです。
1年ぶりに韓国を訪れた王毅外相は、中国が新型コロナウイルスの感染拡大で厳しい状況にあった際の韓国からの援助に謝意を表明し、韓中関係は新型コロウイルスという試練を乗り越えて、より活気を帯びていると評価しました。
また、両国が推進してきた習近平国家主席の年内の韓国訪問については、「条件が整い次第、訪問が実現すると信じている」と述べました。
「訪問の条件」について具体的な内容を聞かれたのに対して、王毅外相は記者たちのマスクを指さしながら「新型コロナウイルスは制御されるべき」と答えました。
王毅外相はこの日午後には大統領府青瓦台を訪れ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と面談するほか、夕方には与党「共に民主党」元代表の李海瓚(イ・ヘチャン)氏など与党関係者とも面談する予定です。
これらの場で王毅外相は、アメリカとの対立局面における中国側の立場の説明に努めるものとみられています。
王毅外相は27日にも文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特別補佐官や朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長、宋永吉(ソン・ヨンギル)国会外交統一委員長などの政府高官と面談する予定です。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >