メニューへ 本文へ

政治

朴槿恵前大統領 懲役20年・罰金180億ウォンが確定

Write: 2021-01-14 13:39:15

Photo : YONHAP News

収賄罪などに問われている前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告に対し、韓国の最高裁判所は、懲役20年、罰金180億ウォンの実刑を言い渡しました。
最高裁判所にあたる大法院は14日、収賄罪などで起訴された朴被告に対する再上告審で、懲役20年、罰金180億ウォンを言い渡し、原審を確定したと明らかにしました。また、35億ウォンの追徴金も合わせて確定しました。
朴被告は、公職選挙法違反をめぐる事件で懲役2年の実刑が確定していて、今回の判決で最終的な量刑は合わせて懲役22年になりました。
2016年10月、長年の知人 、崔順実(チェ・スンシル、2014年にチェ・ソウォンに改名)氏による国政介入事件が浮上してから4年3か月での判決確定となりました。
朴被告は、収賄罪で懲役15年と罰金180億ウォン、国庫損失など残りの罪で懲役5年を言い渡されました。
控訴審での懲役30年、罰金200億ウォンに比べて量刑が軽減されましたが、大法院の差し戻し判決の趣旨に基づき、強要罪や一部の職権濫用などの起訴事実が無罪になったことが背景にあります。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >