メニューへ 本文へ

2PMテギョン除隊 米永住権を放棄し入隊

2019-05-16

K-POP INDEX

© YONHAP News

男性グループ、2PMのメンバーで俳優のオク・テギョンが20か月間の軍服務を終えて除隊しました。


16日午前、京畿道・高陽市の白馬部隊・白馬会館前で除隊のあいさつをしたオク・テギョンは「今朝まで起床ラッパで起きていたからか実感が湧きません。明日の朝、アラームで起きたら実感が湧くかもしれません」と話しました。


当初、米国永住権者だったオク・テギョンは軍服務の対象ではありませんでしたが、入隊するために米国永住権を放棄し、さらに椎間板ヘルニアで代替服務の判定が下されても手術を経て2017年9月、白馬部隊の新兵教育隊に志願入隊しました。軍服務中には模範兵士に選ばれました。


会いたかったガールズグループを聞く質問には「TWICE」と答え、昨年7月まで所属していたJYPエンターテインメントへの愛情を示しました。


現場では国内外から集まったファン数百人と2PMのメンバー、ファン・チャンソンがオク・テギョンの除隊を祝いました。

おすすめのコンテンツ