メニューへ 本文へ

小型空気清浄機の市場を開拓し、成長を続けている「エアテック」

#韓国技あり企業 l 2019-09-02

週間経済フォーカス

© AIRTEC

きょうご紹介した企業は、京畿道(キョンギド)城南(ソンナム)市にある中小企業、「エアテック」です。

「エアテック」は、2013年に設立されました。当時は、大型の空気清浄機が主流でしたが、「エアテック」は、隙間市場を狙って小型空気清浄機に集中しました。

「エアテック」の小型空気清浄機は、10〜13平方メートルの広さの空間に対応しています。小型なので、部屋ごとに置くことができ、持ち運びも可能なため、車の中で使用することもできます。

スタイリッシュなデザインも特長で、「エアテック」の空気清浄機は、一気に消費者の支持を集め、小型空気清浄機のブームを巻き起こしました。

もちろん、それは、優れた技術力に支えられたものです。空気清浄機は、ファンにより室内の空気を強制的に吸い込んで、ホコリや花粉などの浮遊物質をフィルターで濾過し、汚れを取り除いてきれいな空気を排出する、という仕組みです。ここで、重要な役割を果たすのがフィルターです。「エアテック」の空気清浄機は、帯電フィルターを搭載していて、静電気を利用して集塵し、空気の汚れをしっかり除去します。帯電フィルターは、水で洗浄するだけできれいになるため、管理が便利で、また半永久的に使うことができます。

「エアテック」は、ソウル産業振興院による「ソウル・アワード」の優秀商品に選ばれるなど、その優秀さを認められています。

「エアテック」は、消費者の声に耳を傾け、新しい価値と「生活体験」を提供し続ける企業になることを目指しています。


© AIRTEC

おすすめのコンテンツ