メニューへ 本文へ

SuperMベクヒョン 「イ・スマン先生がメンバー選定、スマンPICKです」

2019-10-02

K-POP INDEX

© YONHAP News

SMエンターテインメントがローンチするプロジェクトグループ、SuperMが2日、ソウル市内で記者会見を行いました。


SuperMはSHINeeのテミン、EXOのベクヒョンとカイ、NCT127のテヨンとマーク、中国グループ、WayVのルーカスとテンの7人組。SuperMのMは「MATRIX&MASTER」の略で、グループ名には「グローバルファンを率いるスターであり、専門家でもある優れた才能のアーティストが一つになってSuperシナジーを生み出す」という意味が込められています。


メンバーの選定基準について、リーダーのベクヒョンは「イ・スマン先生(SMエンターテインメント会長)のPICKです。スマンPICKと言っています」と話し、カイは「イ・スマン先生が各グループから誰を選べばスーパーシナジーを生み出せるかと考えて選ばれたと聞いています」と説明しました。


SuperMのデビューミニアルバム『SuperM』にはリードトラック「JOPPING」をはじめとする全5曲を収録。リリースは4日午後6時です。

おすすめのコンテンツ