メニューへ 本文へ

河成蘭(ハ・ソンナン)の短編小説「ウエハースで作った家」

#ラジオ図書館 l 2019-10-01

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

姉妹たちはしばしば家が崩れ落ちる夢を見た。

床が崩れ、

姉妹たちは両親が寝ている部屋に転げ落ちた。

姉妹たちは底の見えない暗い穴に落ちていった。

姉妹の叫び声は

井戸の中のように閉じ込められ、響き渡った。

姉妹たちは悪夢にうなされながら成長し、初潮を迎えた。

姉妹たちは誰かに言われたわけでもないのに

つま先で歩く癖がついた。


자매들은 곧잘 집이 무너지는 꿈을 꾸었다.

바닥이 꺼지면서

자매들은 부모님이 자고 있는 안방으로 곤두박질쳤다.

이층까지의 높이가 채 이미터가 되지 않았는데도

자매들은 어두운 바닥으로 한없이 한 없이 떨어졌다.

자매가 내지르는 비명소리는

우물 속에서처럼 갇혀 울렸다.

자매들은 악몽을 꾸면서 키가 크고 초조를 시작했다.

자매들은 누가 시키지도 않았는데 

첨족증에 걸린 사람처럼 발뒤꿈치를 들고 걸었다.



姉妹たちの背が高くなり、体重も増えて

歩くたびに床板が歪むような音を出し始めた頃、

彼女たちは一人また一人家を離れていきました。



#インタビュー:文芸評論家 チョン・ソヨンさん

ウエハースはよく知られた洋菓子です。紙にしっかりと包まれている時は固そうに見えますが、薄く焼いた菓子、ゴーフルの間にクリームなどをサンドして重ねて作るので、とても崩れやすいお菓子です。小説に登場する主人公の家も新式で、立派な造りに見えますが、内部は手抜き工事によってもろく、いつ崩れてもおかしくない建物でした。そんな家をウエハースに例えているのです。



母親の足元の床が歪んだ。

乾いた床板がさくっとよく焼けたお菓子のような音を出した。

母親が恐る恐る動き出す。

さくっ、さくっ、さくっ。

姉妹たちは笑い出し、母親は音が一番大きい場所を探るように

あちこちの床板を踏んでみた。

2番目の娘が自信満々に声を張り上げた。

「お菓子で作った家だ!

床はね、うーん、ウエハースで作ったんだ。

これはウエハースを噛んだときの音だよ。」

姉妹たちはつま先立ちになって口を揃えて言った。


「だから気をつけて!」


어머니의 발 밑에서 마룻장이 뒤틀렸다.

바싹 마른 마룻장이 바삭, 잘 구운 과자 소리를 냈다,

어머니가 살얼음판을 딛듯 조심스럽게 발을 뗐다. 

바삭, 바삭, 바삭.

자매들은 웃었고, 어머니는 특히 소리가 심한 곳을 찾아내려는 듯

마룻장을 모두 디뎌보았다.

둘째가 자신만만하게 소리쳤다.

“과자로 만든 집이야. 

 마루는 음, 웨하스로 만들었어.

 이건 웨하스 씹을 때 나는 소리야” 

자매들이 발끝을 들면서 이구동성으로 외쳤다.


“그러니 조심해!” 




作家:河成蘭(ハ・ソンナン)(1967. ~ 、ソウル生まれ)

デビュー:1996年 短編小説「草」

受賞 :2009年 第54回現代文学賞など

おすすめのコンテンツ