メニューへ 本文へ

キム・ウビン 元気な姿で「青龍映画祭」プレゼンター務める

2019-11-22

K-POP INDEX

© SBS

上咽頭がんで闘病中の俳優、キム・ウビンが21日、第40回青龍映画祭のプレゼンターとして登壇しました。キム・ウビンが公の前に姿を現したのは、およそ2年半ぶりのことです。


キム・ウビンは壇上で「久しぶりなので、どう話を切り出せばいいか悩みましたが、とにかく感謝の言葉を伝えたいです。数年前、体の調子がよくなかったのですが、本当に多くの方が応援し、祈ってくださったおかげで、このように元気な姿でご挨拶できるようになりました。青龍映画祭という素晴らしい場をお借りして、全ての方たちに感謝申し上げます」と述べました。


キム・ウビンは2017年5月、上咽頭がんであることを発表し、芸能活動を休止していました。現在は復帰作を検討しているということです。

おすすめのコンテンツ