メニューへ 本文へ
Go Top

ブロックチェーン技術の専門企業「ラムダ256」

#韓国技あり企業 l 2021-03-29

週間経済フォーカス

ⓒ Lambda256

きょうご紹介した企業は、ソウル市永登浦(ヨンドゥンポ)区にある中小企業、「ラムダ256」です。「ラムダ256」は2019年3月に設立され、ブロックチェーン技術を必要とする企業や機関がブロックチェーン技術をより簡単かつ低コストで利用できるようにクラウド上でブロックチェーンサービスを提供しています。

ブロックチェーンは、取引データをまとめた「ブロック」を連なるように「チェーン」でつないで保存したデータベースで、全てのユーザーのコンピュータにデータが保存されるため、外部からのデータ改ざんが非常に難しく、記録された内容の信用度が高くなるメリットがあります。

最近、様々な取引において、デジタル化が進んでいますが、中央集権的な管理者がデータを管理する取引システムだと、人による改ざんが可能になるという課題があります。そのため、セキュリティーを確保するためにブロックチェーン技術を導入する動きが盛んです。

しかし、ブロックチェーンは新しい技術であるため、開発するのが難しく、導入したくてもできず、あきらめる会社が多くなっています。そこで、ブロックチェーン技術を保有している企業が提供する、クラウド上で簡単にブロックチェーンを開発できるようにしたサービス、「BaaS(バース)=Blockchain as a Service」が注目されています。「ラムダ256」が提供するBaaSの名前は、「ルニバース(Luniverse)」です。

「ルニバース」の特長は、まず、企業の開発担当者がブロックチェーンに関する専門技術を保有していなくても、簡単に開発できる環境を提供してくれることです。「ルニバース」を利用するには、まず会員登録をし、サービスを利用したあと、利用した分だけ料金を支払う仕組みになっており、安いコストでブロックチェーン技術を導入できるのも強みです。さらに、ブロックチェーンの導入を手助けするための技術サポートやコンサルティングを提供していることも特徴です。

「ラムダ256」は、韓国のブロックチェーンサービス=「BaaS(バース)」を提供する会社のなかで圧倒的な1位で、現在、1600社以上が「ラムダ256」のサービスを利用しています。海外でもビジネスを拡大させています。

「ラムダ256」は、ブロックチェーン業界で、クラウドサービスの世界シェア1位「アマゾン」のような存在になることを目指し、研究開発に励んでいます。


ⓒ Lambda256

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >