メニューへ 本文へ
Go Top

オ!サムグァンビラ (10) 됐다 그래

#ドラマ韓国語 l 2021-06-06

ドラマ韓国語

きょうのセリフ

ジュナ(준아) : (휴대폰 문자로) 이본? 1층에서 잠깐만 볼 수 있을까요?

(〈メールで〉 イ本部長、今から会いませんか?)

ヘドゥン(해든) : … .

ラフン(라훈) : 누나. 준아 형이 보자는데.

(姉さん ジュナさんが用があるんだって)

ヘドゥン(해든) : 아 됐다 그래.

(いい、会いたくない)

(デッタクレ)

ジュナ(준아) : 이본 나…

(イ本部長 俺…)

ヘドゥン(해든) : 들어오지마요.

(入ってこないで)


説明

됐다---[動詞]必要ない、(実現しなくても)構わない ※”되다”の過去形

그래---[動詞]~と言う、そう言う ※”그러다”の活用形


“動詞”되다”の過去形である”됐다”は、「うまく行った」や「出来上がった」など色々な意味がありますが、ここでは、「そうする必要はない」「要らない」など、ネガティブな意味で使われており、動詞”그러다”の活用形である”그래”も同じく色々な意味があるのですが、ここでは、「~という」「そう言う」という意味で使われています。

要するに、”됐다 그래”は、”必要ないと言って”と直訳することができますが、「そんなの要らない」「結構だ」という言い方が、原文が持つニュアンスに近いと思います。

この説明だけでは、どういう場面で使うのかよくわかりませんね。このフレーズは、話し相手に、ほかの人からの伝言を伝えられたとき、その内容が気に入らなかったり、その提案に乗る気分じゃないときに、「そうする必要なんてない」と言ったり、その提案を「結構だ、いやだ」と断るときに使います。

例えば、ドラマのシーンでは、ヘドゥンの弟のラフンが伝書鳩になって、「ヘドゥンと会話したい」というジュナの気持ちをヘドゥンに伝えますが、そんな気分じゃないヘドゥンは、”됐다 그래”と言って、今はジュナと会話したくない気持ちを表しています。

”됐다 그래”というフレーズは、ドラマのシーンのように、腹を立てている場面でよく使われますし、怒った口調に聞こえるので、使うときは、その点を踏まえて使いましょう。


使い方

①「キムさんがごめんって伝えてほしいって」という伝言にこの一言→됐다 그래. 직접 사과를 해야지.(結構だ。自分で謝るべきでしょう)

②「パクさんがあなたと会って話したんだって」という伝言にこの一言→ 됐다 그래. 나는 할 얘기 없어.(いやだ。私は話すことなんてない)


おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >