メニューへ 本文へ

朴柱怜(パク・ジュヨン)の短編小説「スパイの誕生」

#ラジオ図書館 l 2020-09-15

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

季節が2回変わる間、私は眠っていて、

目を覚ました時、15年の歳月が頭から消えていた。

私は自分がどんな仕事をしていた、どんな人間なのか覚えていない。

自分が誰なのかを知らない私に、

それを話してくれることができる人は誰だろうか。

その人が話す私は、果たして本当の私なのだろうか。

今も時折夢を見ているようだ。

これは私がスパイだったということを知るまでの話だ。


계절이 두 번 바뀌는 동안 나는 잠들어 있었고,

깨어났을 때 십 오년의 세월이 내 머릿속에서 사라졌다.

나는 내가 무슨 일을 하던 어떤 사람인지 기억하지 못한다.

내가 누구인지 기억하지 못하는 나에게

내가 누구인지 말해줄 수 있는 사람은 누구일까.

그리고 그 사람이 말하는 내가 진짜 나일까.

가끔은 여전히 꿈을 꾸는 것 같다.

이것은 내가 스파이였다는 사실을 알게 되기까지의 이야기다.



主人公の名前はK。

35歳の彼は、ある日、突然意識不明の状態に陥り、

6ヶ月後、劇的に意識を取り戻しました。



私は彼女は話す10年前の自分の話を聞いた。

人間が記憶の総合なら、その記憶を持った誰かを探しださなければならないと思った。

私を記憶している誰か。

しかし、彼女はその答えになることはできなかった。

彼女が知っているのは10年前の私で、

その時の私と今の私はまったく違う人である可能性もあった。

彼女の言葉に偽りはないと思うが、それは飽くまで彼女の真実だ。


「記憶を失えば何ができるというんだ?」

「やり直すのよ。全部。生まれ変わる絶好のチャンスかも知れないわ。

それまで感じた挫折感、失望感を忘れ、

たとえば、不可能ということも知らない状態でしょうから。」


나는 그녀가 이야기하는 십 년 전 내 이야기를 들었다.

인간이 기억의 총합이라면 그 기억을 가진 누군가를 찾아야만 한다고 생각했다.

나를 기억하고 있는 그 누군가. 하지만 그녀는 정답이 될 수 없었다.

그녀는 십 년 전의 나만을 알고 있고,

그 때의 나와 지금의 나는 완전히 다른 사람일 수도 있었다.

그녀의 말은 진실일테지만 그것은 그녀의 진실일 뿐이었다.


“기억을 잃어버리면 무엇을 할 수 있지?” 

“다시 시작하는 거지. 전부 다. 다시 태어날 수 있는 절호의 기회일지 모르잖아.

 살면서 느꼈던 좌절감이나 실망감 같은 것,

 이를테면 불가능에 대해 아무것도 모를 거잖아” 



#インタビュー:文芸評論家 チョン・ソヨンさん

人は自分だけが知っている私と、他人と社会が見る私、二つの姿で生きています。その二つが一致することも、異なることもあります。しかし、主人公のKは記憶を失ってしまったため、他人の記憶に頼って、その姿で生きていくしかありません。この作者は、主人公の記憶を消すことで、読者に対して自ら自分のアイデンティティ、人生の方向を決めていくことが大事だというメッセージを伝えています。




作家:朴柱怜(パク・ジュヨン)(1971.~ 、釜山市生まれ)

デビュー:2005年 東亞日報新春文芸 中編小説「時間が私を使ったら」

受賞:2006年 小説「ニート生活白書」が第30回「世界の文学」今日の作家賞など

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >