メニューへ 本文へ
Go Top

経済

統合開発環境をクラウドサービスとして提供する「クルム」

#韓国技あり企業 l 2021-09-13

週間経済フォーカス

ⓒ goorm

きょうご紹介した企業は、 京畿道(キョンギド)城南(ソンナム)市にあるIT企業、「クルム」です。

プログラミングをするには、必要なソフトウェアを統合して1つの画面で操作できるようにした「統合開発環境」を整える必要がありますが、これにはコストがかかります。「クルム」では、統合開発環境をクラウドで提供するサービス「クラウドIDE」を開発・提供しています。インターネットからアクセスし、どこでも仕事ができ、ほかのユーザーとも容易に共同作業ができます。

「クルム」のもう一つのサービス、「クルムEDU」は、AIとソフトウェアの教育コンテンツを提供するプラットフォームです。開発者になりたい人は、ここでプログラミングの講義を聞き、実習を行うことができます。現在、このプラットフォームは、全国の小中高校、大学だけでなく、大企業、中小企業、スタートアップ企業でも広く活用されています。

また「クルムIDE」、「クルムEDU」と並んで「クルム」の3大サービスと呼ばれる「クルムDEVTH(デブス)」は、ソフトウェア開発者の能力を評価するプラットフォームで、LG電子、カカオエンタープライズ、新韓銀行など100以上の企業がこのサービスを使って入社希望者や社員を対象にしたテストを行っています。

「クルム」の売り上げと利用者数は、毎年およそ2倍ずつ増えています。投資も増え続けていて、インターネット大手「カカオ」など韓国の有力企業とも提携しています。

個人にはソフトウェア開発の教育・実習の場を、企業と国には優秀な人材を確保できる機会を提供し、韓国のIT産業の競争力強化に貢献する「クルム」。その活躍を、これからも見守っていきたいと思います。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >