メニューへ 本文へ

文化

金光植(キム・グァンシク)の短編小説「213号住宅」

#ラジオ図書館 l 2020-08-11

ラジオ図書館

ⓒ Getty Images Bank

梅雨の季節で湿気を帯びた機械室のモーターが問題を起こすようになりました。

問題が繰り返されると、キム・ミョンハクさんは、結局、退職勧告を受ける形で

会社を辞めることになりました。



彼の目に印刷機は動く怪物のように見えた。

今にも襲いかかろうと自分の方をにらみつけているように見えた。


彼は深い孤独感を覚えた。

虚しさが押し寄せてきた。

毎日のように動かし、管理してきた印刷機との別れがもたらす

冷たい孤独なのだろうか。


工場のあらゆるものが自分に敵意を抱き、嘲笑っているようだ。

これ以上は自分とは無関係だということが、

こんなにも自分を虚しくするのだろうか。


그는 그 인쇄기들이 움직이는 괴물처럼 보였다.

또 자기를 덮칠 것 같이 노려보고 있는 것 같았다.


그는 강한 고독을 느꼈다.

공허한 가슴을 느꼈다.

매일같이 매만지고 바라보던 저 인쇄기들을

다시 대하지 못한다는 것으로 이렇게 차가운 고독이 절박해오는 것일까.


이 공장의 일체가 자기에게 적의를 갖고 자기를 조소하고 

자기와는 무관(無關)이라는 것이 이렇게도 자기를 공허하게 하는 것일까.



#インタビュー:文芸評論家 チョン・ソヨンさん

1950年代の韓国社会では近代的な資本主義の波が押し寄せ、人が労働手段の付属品のように扱われるようになります。そんな冷酷な時代に失業してしまったキム・ミョンハクさんにとって家は失業する前の生活を意味し、彼の奇怪な行動は、そうした生活にはもう戻れないかも知れないという、不安と恐怖に包まれた人物の心理を描き出しているのです。



「これまで自発的な労働が存在した時代はあったか?

未来にはそんな時代が来ると思うのか。」

「俺は歴史も未来も知らない。

でも技師として、職場での義務と約束は誰よりも誠実に守ってきたんだ。

でもな、追い出されてしまった。

事故が起きる前にそれを予見できなかったという理由でな。

俺は神様じゃないんだ。人間に神様になれとでも言うのか。」

「だから現代人は孤独なんだろうよ。」

「お前、孤独という言葉で慰めるつもりか。」

「なら、お前は自由人になりたいとでもいうのか。

機械を専攻した人が機械の前で自由を訴えているのか?

自由は決して逃げ場になれないんだよ。」


“노동이 강제적이 아니고, 자발적으로 존재하던 시대는 있었나?

 미래에도 있을 수 있을 것으로 아나?”

“나는 역사고 미래고 몰라.

 그러나 나는 기사로서 직장의 의무와 약속을 성실하게 지켜왔다.

 그런데 나는 쫒겨났어. 사고전에 고장날 것을 발견 못했다구.

 나는 귀신이 아니야. 사람에게 귀신이 되라고 강요하는 거야 뭐야, 응”

“그러니까 현대인은 고독하지”

“자네는 고독이란 것을 가지고 위로하나, 고독이 무엇이야 고독이....”

“자네는 그럼 자유인이 되고 싶던가.

 기계과를 나온 놈이 기계 앞에서 자유를 부르짖나? 자유는 최고의 선은 아니야”




作家:金光植(キム・グァンシク)(1921.1.18.~2002.12.03.、平安北道竜泉郡生まれ)

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >