メニューへ 本文へ

スポーツ

李承燁選手、日本進出初ホームラン

Write: 2004-04-05 00:00:00Update: 0000-00-00 00:00:00

日本の千葉ロッテマリーンズに入団した韓国のホームラン王、李承燁(イ・スンヨプ)選手が、日本の公式戦8ゲーム目で初めてのホームランを放ちました。4日、千葉マリンスタジアムで行われたダイエーとの試合で、1対2でリードされていた4回裏、無死一塁で2回目の打席に入った李承燁は、新垣の2球目、内角高めの145キロの直球をとらえ、打球は屋根と外野席の間を通って場外に落ち、球場の外に駐車していた車の窓ガラスを割りました。李承燁選手はこの試合、この2ランを含む5打数2安打で4打点を記録しました。千葉ロッテは李選手の活躍で、ダイエーを11対4で下し、3連勝を収めました。李承燁選手は「ホームランに限らず、チームの勝利に貢献する安打と打点をたくさん記録し、みんなを笑顔にしたい」と話しました。

おすすめのコンテンツ