メニューへ 本文へ

スポーツ

世界卓球で韓国と北韓が合同チームを結成

Write: 2018-05-04 11:16:04Update: 2018-05-04 11:25:32

世界卓球で韓国と北韓が合同チームを結成

スウェーデンで行われている卓球の世界選手権団体戦で3日、対戦予定だった韓国と北韓の女子チームが突如、現地で合同チームを結成し、試合を行わずに双方が準決勝に進みました。
南北合同チームの結成は、2日に北韓が準々決勝へ進んで対戦が決まったあと、両チームと国際卓球連盟の3者で2日夜に協議した結果だということです。
大会は3位決定戦が行われないため、南北合同チームのメダル獲得が決まりました。
南北合同チーム「コリア」は、ウクライナを破って3大会連続のメダルが決まった日本と、4日の準決勝で対戦します。
世界選手権に南北合同で臨むのは、開幕前に結成した1991年千葉大会以来です。

おすすめのコンテンツ

Close

当サイトは、より良いサービスを提供するためにクッキー(cookie)やその他の技術を使用しています。当サイトの使用を継続した場合、利用者はこのポリシーに同意したものとみなします。 詳しく見る >