メニューへ 本文へ

韓半島

北韓 アメリカの提案をすべて拒否

Write: 2018-08-13 11:42:35Update: 2018-08-13 14:01:37

北韓 アメリカの提案をすべて拒否

Photo : YONHAP News

アメリカのCNNは、北韓の非核化をめぐる交渉で、アメリカは北韓にいろいろな提案を伝えているが、北韓が拒否していると報じました。
CNNは10日、複数の外交筋の話として、アメリカは再三にわたり北韓に対して非核化に関する提案を伝えているが、北韓側はいずれも拒否していると報じました。
外交筋によりますと、アメリカは「完全な非核化という終着点」に至る道筋について具体的な提案をしていますが、北韓はそれらの提案について「強盗的」だとして、すべて拒否したということです。
CNNは、トランプ政権の対北韓外交は行き詰っていて、以前の政権でも苦戦した北韓との厳しい交渉が始まっていると指摘しました。
これに先立って、アメリカのインターネットメディアも米朝間の交渉が行き詰っていると報じ、北韓はポンペイオ国務長官による非核化に向けた提案をすべて拒否したと伝えました。
それによりますと、アメリカは北韓に対して、核兵器の60~70%を6カ月から8カ月以内にアメリカまたは第三国に搬出することを提案しましたが、北韓は拒否したということです。
一方で、トランプ政権は北韓のミサイル発射施設の解体や核実験場の廃棄を大きな進展としているが、ミサイル発射施設や核実験場はいつでも再建することでき、大きな意味はないとの指摘も出ています。
ニューヨーク・タイムズはこのほど、北韓は目立たない方法で核やミサイル開発を続けているとして、国内に備蓄している核兵器を文書で公開する前にアメリカに対して終戦宣言を求めていると報じました。
こうした中、アメリカの政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は13日、アメリカの国務省の関係者の話として「米朝が追加交渉に向けて迅速に動くものと期待してもいいだろう」と述べたと伝えました。
こうしたことからアメリカのポンペイオ国務長官が今週にも平壌を訪問する可能性が高いとの観測が出ています。
アメリカは完全かつ検証可能な非核化を求めているのに対して、北韓はさらなる措置を取る前に制裁の解除や終戦宣言を求めていて、こうしたすれ違いを埋めることができるかに関心が寄せられています。

おすすめのコンテンツ