メニューへ 本文へ

社会

麻谷ソウル植物園 11月からテストオープン

Write: 2018-10-12 12:46:42

ソウルの江西区(カンソグ)麻谷洞(マゴクトン)の都市開発地区にあるソウル植物園が11日からテストオープンしました。

植物園と公園が一体化されたソウル植物園の面積は、汝矣島(ヨイド)公園(22万9539平方メート)の2.2倍に相当する大きさです。

ソウル植物園は、ソウルでは初めての本格的植物公園で、広い森とテーマガーデン、湖、湿地園の4つのエリアがあります。

植物園にあたるテーマガーデンは午前9時から午後6時まで運営され、その他のエリアは24時間オープンされます。

植物園には現在3100種あまりの植物がありますが、今後8000種まで増やしていく計画だということです。

植物園は、来年の5月に正式オープンするまでテスト運営されますが、この期間中には、全てのエリアを無料で利用できます。

おすすめのコンテンツ